ボストンバッグ(キャリータイプ)のマジックテープを交換しました!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私が仕事用で使用している、ボストンタイプのキャリーバックのマジックテープがささくれて留まらなくなったので、マジックテープを交換することにしました。

ちなみに、そのバッグは以前の記事

キャリー部分ではない方の、持ち手のマジックテープがささくれて、付かなくなりました。

このマジックテープを交換しようと思います。

1.交換に必要な物

・カッターナイフ

・ハサミ

・交換するマジックテープ *百均の物を使用

・瞬間接着剤         *百均の3個入りの物を1個使用

・重し           *本を使用

2.交換開始 まずは切り取り!

まず、くっつかなくなったマジックテープを、カッターナイフで丁寧に切り取ります。

カッターの刃はオルファ(OLFA) 特専黒刃(大)  が、よく切れるのでオススメです。

コーナンなどのホームセンターでも売っています。

ヤバイくらい切れるぜ
切り取ったマジックテープを、新しく取り付けるマジックテープの裏側に合わせて、マジックペンで形をふちどります。

ふちどりをした、新しいマジックテープをハサミで切り取ります。

3.貼り付けから仕上げ

マジックテープの裏面は粘着テープになっていますが、粘着力が弱いので百均で売っている3個入りの瞬間接着剤を塗ってから、新しいマジックテープを貼り付けました。
ポイント
百均で売っている3個入りの瞬間接着剤を使った理由は、単純に安いのと、瞬間接着剤は一度使うと、入口部分が固まってしまうことが多いので、瞬間接着剤は大体は百均で売っている3個入りの瞬間接着剤を、使い切りで使ってします。
最後に本を重しにして、交換したマジックテープの上に数時間乗せて、出来るだけ粘着させました。

4.最初の予定では

最初の予定では、桐で穴を空けて糸で縫い付ける予定でしたが、桐で開けた穴が見えない上に、かなり面倒なのでやめました(笑)

めんどくさいぜ!

5.貼り替えから1か月後

張り替えから1か月経ちましたが、問題なく使えています。

ただし、取り外しをする時は、縫い付けてあった時よりそっと取り外しをしています。

6.さいごに

こういう補修作業は、物を大切にする点と節約という意味でもいいですが、頭と手先を動かすので、頭と手先の運動という意味でもいいと思います(*‘∀‘)

結構、気分転換になるぜ