オススメドリンク SAVAS(サバス)ミルクプロテイン

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私は普段、建築関係の仕事で筋力的にハードな仕事、荷揚げ屋(揚重業)をしています。

仕事自体は筋力トレーニングを長時間やっているような仕事なので、たんぱく質の補給は重要です。

そこで最近、「SAVAS(サバス)ミルクプロテイン」という、気軽にたんぱく質の補給ができる商品が販売されていますので紹介いたします。

私も愛飲しています

1.普通のプロテインの場合は?

普通のプロテインを飲むという選択肢もあります。

実際に「荷揚げ屋」で、休憩時間や仕事後にプロテインを飲んでいる人もいます。

通常の、粉をドリンクで割るプロテインのほうが、安くで多くのたんぱく質を補給する事ができます。

しかし、通常のプロテインは

  • 袋と容器(プロテインシェイカー)を持ち歩かなければいけない。
  • ドリンクで割るのが面倒。
  • 水で割ったら不味い。
  • 牛乳で割ったら高カロリー。

といったデメリットがあります。

2.「ザバスミルクプロテイン」は要冷蔵タイプと常温保存可能タイプがあります

・要冷蔵タイプ

ザバスミルクプロテインの「要冷蔵タイプ」は、よくコンビニで売ってますので気軽に買う事ができます。

味は「クリアストロベリー」と「爽やかフルーティー風味」の2種類があります。

※追加で「ベリーミックス」も販売されました。

「クリアストロベリー味」は甘くて美味しいですが、少しプロテインぽさがあります。

「爽やかフルーティー風味」は、甘みは弱いですがプロテインぽさは少ないです。

「ベリーミックス」もサッパリした味で、その名の通りブルーベリーぽい味がします。
甘酸っぱい味が好きな人向けにはいいと思います。

価格はコンビニで150円(税込162円)で売られていました。

要冷蔵タイプのメリット

  • 売っている店が多いので気軽に買える。
  • 量が多いので、水分補給や、食事時の飲み物を兼ねる事ができる。
    ※私は食事時の飲み物は水やお茶でなくても大丈夫な方です。
  • まあまあ美味しい(あっさり味です)。
    ※好みもありますが、凄く美味しいという程ではありませんが、粉のプロテインを水で割るよりは遥かに美味しいです。

要冷蔵タイプのデメリット

  • 通常のプロテインより高い。
  • 要冷蔵なので冷蔵庫で保存しなければいけない。
    ※冷蔵庫のスペースをとる
  • 賞味期限が比較的短い。

要冷蔵タイプの活用例

  • たんぱく質の少ない食事の時の、ドリンクを要冷蔵タイプにして、たんぱく質を補う。
  • 朝食を食べない人の、たんぱく質補給として飲む。
    ※たんぱく質が体から不足している状態が長時間続くと、筋肉を分解してエネルギー源に変えてしまう「カタボリック」という現象がおきます。
  • ハードな肉体労働の休憩時に、水分補給を兼ねてたんぱく質も補給する。

・常温保存可能タイプ

ザバスミルクプロテインは「常温保存可能タイプ」も売っています。

販売当初はコンビニなどでは見かけませんでしたが、最近は「ココア味」はコンビニでも見かけるようになりました。

Amazon(アマゾン)楽天などでも販売しています。

200ml入りで紙パックに入っていて、味は「ココア味」、「ミルク味」、「バニラ味」の3種類あります。

常温保存可能タイプの価格は、コンビニで購入した時は1個149円(税込)

Amazonでココア味の24本入りを購入した場合(記事執筆時点)、税込で2,562円 (1商品あたり107円)となっています。

常温保存可能タイプのメリット

  • 要冷蔵タイプよりかなり安い。
  • 要冷蔵タイプと同じたんぱく質量でも、量が少ないので大量にたんぱく質を補給する事ができる。
  • かなり美味しい(味は濃厚です)。
  • 常温保存可能なので、冷蔵庫のスペースを取らない。
  • かなり甘いので、甘い物を食べたくなった時の代用品になる。

常温保存可能タイプのデメリット

  • コンビニなどであまり販売してない(私は見かけた事がない)ので買うのが面倒。
    最近ココア味は、コンビニでも見かけるようになりました。
  • 量が少ないので、水分補給も兼ねて飲みたい人には向いていない。
  • 味が濃いので、濃い味が苦手な人には不向き。

3.要冷蔵タイプと常温保存可能タイプと通常のプロテインを比較

「要冷蔵タイプ」と「常温保存可能タイプ」、「通常のプロテイン」を比較したいと思います。

※ザバスミルクプロテイン1個分(たんぱく質量15g)で比較

商品名 価格(税込) たんぱく質量
炭水化物量
カロリー 賞味期限
要冷蔵タイプ(クリアストロベリー味) 162円
(コンビニで購入した場合)
たんぱく質15.0g

炭水化物10.0g

430ml入り

100kcal

11日~13日前後
(未開封)
あっさりしていいる。

飲みやすい

常温保存可能タイプ
(ココア味)
149円
(コンビニで購入した場合)107円
*Amazonで24本入りを購入した時の1本当たりの価格
たんぱく質15.0g

炭水化物10.0g

200ml入り

102kcal

120日間

メーカー製造日より

濃厚なココアジュースのような味

美味しいが沢山は飲みずらい。

通常のプロテイン

*ザバスホエイプロテイン
(ココア味)

87.38円
*Amazonで1050g入りを購入した場合の、1食分(21g)
当たりの価格
たんぱく質15.0 g

炭水化物
2.7 g

水200~300mlに1食分(21ℊ)
を溶かした場合83kcal
18ヶ月間 水で溶かして飲むと美味しいとはいえない。

牛乳で割ったら美味しいが、カロリー等が高くなる。

比較すると、炭水化物量は通常のプロテインの方が圧倒的に低いので、炭水化物を極力カットしたい人には通常のプロテインが向いているといえます。

  • 手軽さを重視の人は、要冷蔵タイプのザバスミルクプロテイン。
  • 飲みやすくて、価格や保存期間、保存場所も重視したい人は常温保存可能タイプのザバスミルクプロテイン。
  • 極力炭水化物を極力カットしたい人には、通常のプロテイン。

といった所だと思います。

4.さいごに

私もプロレスの試合を沢山していた時は、通常のプロテインを飲んでいましたが、水で割ったら美味しくない、水で割るのが面倒というのがありました。

「ザバスミルクプロテイン」のような、手軽に飲めるプロテインが販売されて大変助かっています。

皆さんも、自身の体質や用途に合ったものがあれば、上手く活用されてみてはと思います
(*‘∀‘)