公共施設等のトレーニングルームのメリットとデメリット!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

私は、現在は普通(民間経営)のスポーツクラブでトレーニングをしていますが、以前は公共施設等のトレーニングルームを利用していました。

今回は公共施設等のトレーニングルームのメリットデメリットについて、記事を書きたいと思います。

1.メリット

・公共施設等のトレーニングルームは安い所が多い。

大阪府吹田市の体育館のトレーニングルームは、以前は吹田市民なら2時間100円や3時間150円でトレーニングできました。

以前の私は、経済的にかなり困窮していましたので、少しでも安い方が助かりました。
※今は料金設定が変わりました。

公共施設等のトレーニングルームは、営利目的ではない所が多いので、かなり料金設定が安い所が多いです。

・1回単位の利用や、1ヵ月だけの利用ができる所が多い。

私は、5年半前に個人事業主として独立したので、忙しい時は極端に仕事が忙しくなる事がありました。

ほとんどトレーニングに通えない月もあったため、1回単位や1ヵ月単位で利用できる方が、以前は都合が良かったです。

2.デメリット

・設備が充実していない所も多い

中には凄く設備が充実している所もあります。

・マナーの悪い利用者が、比較的多い

気軽に利用できるうえに、場所によってはスタッフがほとんど見に来ない所なども多いので、全ての施設ではありませんが、比較的マナーの悪い利用者も多いです。

3.公共施設等のトレーニングルームを利用される方はこちらをどうぞ!

しかし、以前の私のようにスポーツクラブクラブに加入するより、公共施設等のトレーニングルームの方が都合いい方は多いと思います。

KINNIKU NETというサイトの格安スポーツ施設マップというページがあるのですが、公共施設等のトレーニングルームを探す際に大変便利ですのでリンクを貼っておきます。

KINNIKU NET

格安スポーツ施設マップ

なお、格安スポーツマップに、まだ載っていない地域もありますので、まだ載っていない地域の方は、

お住まいの地域 トレーニングルーム

で検索をしてみるといいと思います。

4.さいごに

以前は私も公共施設等のトレーニングルームを利用していました。

先程も書きましたが、金銭的な理由や、スケジュールの都合で、スポーツクラブやボディビルジムに通うより、公共施設等のトレーニングルームの方が都合がいい人は多いと思います。

それと、トレーニングを始めたいけど、スポーツクラブやボディビルジムに通うのを迷っている方なども、とりあえず公共施設等のトレーニングルームでトレーニングしてみて、もっと頻繫に通いたくなったり、施設の充実してる所に行きたくなったら、スポーツクラブやボディビルジムに入会するのも良いかと思います(*‘∀‘)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする